ミヤマホオジロ


2017年01月20日


山麓にて







圭一、共代の(ミヤマホオジロ)観察記

 ミヤマホオジロ(深山頬白)は全長約15.5cmの小鳥です。でも見る時、思い切りUPで見るので、冠羽を立てた時などは小鳥という感じはない。各地のどこかに出現しているので珍しい鳥ではないが数は多くない。





 山麓では毎年のように出現している数少ないメッカです。今冬は11月はじめより観察出来ています。♂♀合わせて多い時は10羽くらい見られています。皆大切に観察しています。




 山麓はカシラダカ、ルリビタキ、マヒワなども出現する所もあり少し歩いた所ではカヤクグリも見られ、まさに我々にとって宝庫といってもよい所です。続いてほしい気持ちでいっぱいです。




 以前堺ふれあいの森でも見られていましたが、ここではミヤマホオジロは顔にダニが発生して気の毒な状態でした。ここでも同じようについていましたが、堺のように気の毒と思う前に少し回復したようです。水あびが出来る所が多かったのでしょうか。